葉酸は妊活中の人にもおすすめ

赤ちゃんの画像

 

葉酸は、ビタミンB群の一種ですが、妊婦さんや妊娠したい人以外にはあまり認知度が高くない物質かもしれません。

 

なぜ妊婦さんに認知度が高いのかというと、厚生労働省が妊婦への摂取を勧めていて、母子手帳にもその旨記載があるからです。

 

どんな効果があるのかというと、一番大事なものは、胎児の神経系の発達障害を防ぐとされています。

 

胎児の脳の形成は妊娠初期から始まっていますから、妊娠初期からその効能を必要とします。

 

ですから、妊娠したい人は妊娠前から葉酸を摂取しておかないと、妊娠初期から始めたのではちょっと遅いということになってしまうのですね。

 

上記の理由で妊婦さん、妊活中の人に摂取が進められているのですが、実は妊活中の人にはそれ以外にも重要な効果が期待できます。

 

 

まず、血液の循環が良くなくて貧血気味の方はなかなか妊娠しづらかったりするのですが、これは子宮内膜の状態が良くないためという可能性が高いです。

 

子宮内膜は受精卵が着床するベッドの役割を果たしますが、この内膜を厚くするにはたくさんの血液が必要なのです。

 

葉酸には血液をサラサラにして循環を良くし、貧血も予防するという効果があるため、子宮内膜をフカフカで着床しやすい状態にする手助けもしてくれるのです。

 

妊娠してからも、胎児の成長発達のために血液が大量に必要で、悪阻で食べられなくなる妊婦さんは貧血になりがちです。

 

しかしそうなると、胎児の発育にも問題が出てきますので、サプリだけは摂取するようにしておきましょう。